遺産相続関連

 

遺言、相続などに関する問題を解決します。

相続問題で家族間に争いが生じることは決して珍しくありませんが、様々な事例におけ
る裁判外紛争解決手続きに精通した弊社の弁護士が当事者同士の交渉をサポートし、臨
機応変に解決策を提言します。やむを得ず訴訟に発展した場合も顧客の皆様の権利を最
大限に守るため、全力で取り組みます。

1 + 11 =

訴訟に強く信頼出来る法律事務所

弊社では複雑になりがちな信託財産及び遺産に関連する訴訟の経験が豊富であり、顧客の居住地に関わらず、カリフォルニア州内にある顧客の皆様財産を守るお手伝いを致します。弊社の弁護士は日系以下に関するリーガルサービスを専門としています。

 

  • 遺言書無効の申し立て
  • 信託財産関連
  • 法定相続人と信託上の相続人間での財産配分に関する訴訟
  • 受託者(Trusteeの善管注意義務違反
  • 遺言検認(プロべート)
  • 遺産管理代行

     

     

     

    また弊社では、また弊社では、受託者 (Trustee)や遺言執行者(Executor)による財産管理や遺言執行に関する法的責任の範囲や相続手続きに関する適切なアドバイスも提供しています。

 

 

エステートプランニング

カリフォルニア州では、遺言検認(プロベート)の対象となる財産が166250ドルを超えると判断された場合には、被相続人の国籍や居住地に関わらず、裁判所が介入するプロベートという手続きによって財産分割をすることが州法によって義務付けられており、たとえ遺言書があってもこれを回避することは出来ません。プロベートには資産評価額に応じて決められている高額な費用がかかる上、対象となる故人の財産は長期間凍結され、すべての手続きが終了するまでに23年を要する場合も珍しくありません。

経験豊かな弁護士によるエステートプランニングに基づいて生前信託(Living Trust)を作成しておけば、高額で長期に及ぶ遺言検認手続き(Probate)を回避して、資産を守り、円滑な相続をするすることが出来ます。Kimura London & White 法律事務所では、生前信託、遺言書、遺産分割協議書、共有財産に関する取決め、医療看護に関する事前指示書や委任状の作成に加え、ビジネスの継承相続計画の作成や寄付などによって顧客の皆様の大切な資産を守るため、それぞれの顧客のニーズ、目的、家族構成などに応じて、最良のエステートプランを作成致します。また、万が一相続分割が円滑に進まず訴訟に発展した場合でも、豊富な訴訟経験を持つ弊社の弁護士に安心してお任せ頂けます。