News

Blog

“交通事故の際に必須の保険”

交通事故

州法で定められている最低補償額は、州によっては大変低い額が設定されています。

自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insurance Research Councilの調査によると無保険車は全体のおよそ13%に上ると言われています。つまり、もしも相手の過失による交通事故で自分の車が大破したり怪我を負ったりした場合でも、10回に1回は事故の相手が自動車保険に加入していない可能性があるということになります。また、もしも保険に加入していた場合でも、州法で定められた最低限度額にしか加入していないドライバーは少なくなくありません。このような場合、例え自分には過失がなかったとしても、怪我の治療費や療養中の休業補償、弁護士費用に加えてPain and Sufferingと呼ばれる目に見えない精神的苦痛に対する補償などをご自身が加入している保険会社から受けることになります。このような場合にご自身やご家族を守るために、UM/UIM補償と呼ばれるものが作られました。

UM/UIM補償の違いと重要性

車両保険のUMとはUninsured Motor Vehicleで、UIMとはUnder insured Motor Vehicleを意味します。UM補償とは、交通事故の原因が相手の過失であるにも関わらず、その相手が保険に未加入だった場合に補償を受けるための保険です。州によっては、過失のあるドライバーが保険に加入していていた場合でも、補償額が州法に定められた最低限度額以下だった場合には同様に適用され、保険金が支払われます。UIM補償とは、過失のあるドライバーが車両保険には加入しているものの、支払われる額の上限では補償が不十分だった場合に不足額を補うための保険です。

州法で定められている車両保険の最低限度額は低く、カリフォルニアを含むいくつかの州では対人賠償責任保険の最低限度額が1名につき$15,000というだけでなく、ひとつの事故につき$30,000が上限となっています。もしも最低限度額の保険にしか加入していないドライバーの過失により交通事故に巻き込まれてしまった場合には、相手の保険による補償では医療費の支払いが不足し、自己負担となる可能性が生じるため、ご自身がUIM補償に加入しておくことは非常に重要となります。多くのドライバーが毎月の保険料の支払いを抑えるためにこの最低限度額の車両保険を選択しています。米国の医療費は高額で、事故によって深刻な怪我を負って治療が長引いたり後遺症が残ってしまった場合でも、相手がこのようなドライバーだった場合には例え自分自身に非がなくても$15,000以上は支払いを受けることが出来ません。弁護士を雇って相手を訴えて正当な補償を求めたとしても、相手に資産をもっておらず支払い能力がなかったり破産宣告を申し立てたりした場合にはどうすることも出来ません。

州ごとに異なる規程

UM補償またはUIM補償に関する規程は州によって異なり、強制加入を基準としている州でも書面で申請することによって補償に未加入を容認する州も存在します。加入を義務付けている州でも限度額は車両保険の限度内に限られている場合がほとんどであり、社用車でもUM/UIM補償に加入することが出来るなど様々な細かい規定が存在します。

UM/UIM補償は通常の車両保険と異なり加入者自身を守るための保険で、過失のある事故の相手がもしも保険を持っていたら支払われていた筈の額を補償します。UM/UIM補償ははもともと人的事故を補償するためのものでしたが、州によっては物損事故による損害も補償の対象となりますが、通常は事故車は補償の対象ではなく、車以外の物に対する補償額も$3500程度にとどまります。

家族を守るために出来ること

自分自身が無保険車の運転によって損害を被ることは想像し難いですが、過去に弊社が実際に扱った事案でも、事故によって後遺症が残る大怪我をして働けなくなってしまったり、未成年者の死亡する事故の場合に相手に支払い能力がなく、最低限度額の$15,000で示談を成立するしかないケースを何度か経験しております。そのため、弊社ではクライアントの皆さまに十分な額のUM/UIM補償に加入しておくことの重要性を、常にお伝えしています。

アンブレラ保険

アンブレラ保険とは、その名のとおり傘のように自動車保険やホーム・オーナーズ保険などの他の保険のうえに存在する保険で、万が一こちらが交通事故の加害者となり訴訟を起こされて賠償責任を負い、その額が自動車保険で補償できる額を上回っていた場合、アンブレラ保険が補償をするというものです。例えばご自身の自動車保険の補償額の上限が$300,000となっている場合にそれを上回る額の支払いをしなければならなくても、アンブレラ保険を持っていれば、自動車保険が$300,000を支払った後で、アンブレラ保険が不足分を引き受けてくれることになります

どのような場合にせよ、事故による怪我が生じた場合には保険会社から提示される補償額をすぐに受け入れず、無料相談などを利用し経験豊かな弁護士の意見を聞くことが重要です。

 

“交通事故の際に必須の保険”

交通事故 州法で定められている最低補償額は、州によっては大変低い額が設定されています。 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insurance Research...

カリフォルニアで自動車事故に遭われた時の手順

カリフォルニアで自動車事故に遭われた時の手順

1. 事故現場を離れない  交通事故が関係者の負傷や死亡を伴う人身事故の場合には、救急医療処置が必要でない限り、警察官が到着するまでは事故現場を離れないようにしましょう。カリフォルニア州では、事故現場を離れてしまうとひき逃げと見做される原因となります。また、最高1万ドルの罰金及び最長1年間の禁固刑 (怪我の程度が深刻な場合や死亡事故の場合にはそれ以上) が科されることにもつながりかねません。 ...

“交通事故の際に必須の保険”

交通事故 州法で定められている最低補償額は、州によっては大変低い額が設定されています。 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insurance Research...

カリフォルニアで自動車事故に遭われた時の手順

カリフォルニアで自動車事故に遭われた時の手順

1. 事故現場を離れない  交通事故が関係者の負傷や死亡を伴う人身事故の場合には、救急医療処置が必要でない限り、警察官が到着するまでは事故現場を離れないようにしましょう。カリフォルニア州では、事故現場を離れてしまうとひき逃げと見做される原因となります。また、最高1万ドルの罰金及び最長1年間の禁固刑 (怪我の程度が深刻な場合や死亡事故の場合にはそれ以上) が科されることにもつながりかねません。 ...

人身事故・遺産相続のトラブルは私たちにお任せ下さい!

“交通事故の際に必須の保険”

交通事故 州法で定められている最低補償額は、州によっては大変低い額が設定されています。 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insurance Research...

カリフォルニアで自動車事故に遭われた時の手順

カリフォルニアで自動車事故に遭われた時の手順

1. 事故現場を離れない  交通事故が関係者の負傷や死亡を伴う人身事故の場合には、救急医療処置が必要でない限り、警察官が到着するまでは事故現場を離れないようにしましょう。カリフォルニア州では、事故現場を離れてしまうとひき逃げと見做される原因となります。また、最高1万ドルの罰金及び最長1年間の禁固刑 (怪我の程度が深刻な場合や死亡事故の場合にはそれ以上) が科されることにもつながりかねません。 ...

まずは日本語でお気軽にお問い合わせ下さい。経験豊富なスタッフが法律上の悩みを解決します。