日本語でお問い合わせ下さい 949-293-4939
3 Park Plaza, Suite 1520, Irvine, CA 92614

ブログ

ホーム » 人身事故 – Personal Injury – のトラブルと成功報酬について

人身事故 – Personal Injury – のトラブルと成功報酬について

01.25.2022 | ブログ

人身事故 - Personal Injury - のトラブルと成功報酬について

人身事故で最も一般的なものは自動車同士による事故ですが、それ以外にも歩行中の事故や自転車事故、公共の場での転倒事故、個人宅での事故、傷害による怪我なども人身事故に含まれます。人身事故というとあまり身近なものではないように思えますが、友人宅でのプールパーティーでお子さんが溺れたり、託児施設や学校内での怪我、運転中のトラブルから生じた言い争いがエスカレートして傷害事件に発展したりするケースは決して珍しいものではありません。2020年以降のコロナ禍おいて全米各地で自転車ブームが起こり、以前は見かけなかった電動自転車も街中で度々見かけようになりましたが、道路が自転車用に整備されていない地域では深刻な事故や死亡事故に繋がる場合もあります。

事故や傷害事件に巻き込まれた際に最も大切なのは、早急に医療機関で診療を受けることです。これはご自身の健康を守るためだけではなく、相手に賠償金を請求する際にご自身の損害を証明する重要な証拠になります。賠償金は損害の程度に応じて支払われるため、いつどこでどのような治療を受けたかを証明出来るかどうかによって賠償額が大きく左右されます。事件や事故が起きた直後は気が動転してしまうものですが、出来る限り証人になってくれる人を確保し、防犯カメラの設置状況を確認し、現場の様子や当事者の怪我の程度を記録するために写真を撮り、怪我をした場合は必ず警察を呼びレポートを作成してもらいましょう。また事故に関連して起こったすべての出来事についてメモを残し、受診の際に支払った自己負担金(Co-Pay)や薬代、通院のための交通費などの諸経費や怪我による休職などの逸失利益をご自身で記録しておくことも重要です。また大きな怪我や長引く後遺症が生じた場合には、治療費以外にも Pain and Suffering と呼ばれる目に見えない損害に対する賠償を請求することが可能です。救急車の使用や緊急治療室での治療が必要となるような大きな怪我の場合には出来るだけ早く人身事故専門の弁護士に連絡をし、どのような選択肢がありどの程度の賠償請求が可能かについて相談されることをお勧めします。

もしも他人の過失や不法行為によって怪我や死亡事故が生じた場合、アメリカでは被害者または被害者遺族が民事訴訟を起こして賠償請求をすることは非常に一般的です。この場合、加害者の過失や犯罪行為について「合理的な疑問を残さない程度 - Beyond a reasonable doubt -」の証拠 を証明することが求められる刑事訴訟とは異なり、民事訴訟では被害者家族が「証拠の優位性 ‐Preponderance of evidence -」 を証明すれば良く、相手の行為によって損害が生じたことを完全に証明する必要はありません。つまり、他人の行為によって怪我や死亡事故が生じたことを51%以上証明することが出来れば、刑事事件では有罪にならない場合でも賠償金の支払いを受けることが可能になります。

事件や事故による人身事故のケースは、ほとんどの弁護士が成功報酬でケースを請け負うことを検討します。これは、ケースが終了するまではクライアントに一切の請求を行わず、賠償金の中から一定額の弁護士報酬を受け取るという契約です。但しこれは相手の支払い能力があることが前提になります。相手に過失があったことを証明し、裁判所によって賠償額が確定されたとしても相手に資産がなければの司支払いを受け取ることは出来ません。そのためまず相手が車両保険や Renter’s Insurance、または Homeowner’s Insurance やアンブレラ保険に加入しているかどうかや、Asset Search と呼ばれる方法で相手の資産を確かめてから民事訴訟を起こす価値があるかどうかを確認することが一般的です。


Kimura London & White 法律事務所は顧客のニーズを最優先にする、という理念の下にサービスを提供しており、顧客の話を聞き、コミュニケーションを大切にすることで顧客の皆様のご要望に沿った解決策を導き出します。あらゆる分野の民事訴訟や損害賠償請求に対応しておりますので、こんなことでも相談できるかな?という小さな疑問もまずはお気軽にご相談ください。

日本語でお気軽にご相談ください